<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1680669651993726&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

キャリアアップ・教育研修

製品を持たないシミック・アッシュフィールドにとって、唯一の財産は人財です。
当社で働く誰もが、生命関連企業の一員としての専門知識と倫理観を持ち、上質なコミュニケーションを実践していくために、様々な研修、育成プログラムを展開しています。
また、当社だからこそ描けるキャリアパスとその実現につながる職種ごとのトレーニングプログラムの設計を行っています。

*職種ごとの研修プログラムについてはそれぞれのページをご覧ください。

社内共通トレーニングプログラム

マンダトリトレーニング

シミックグループ全従業員を対象として毎年実施されている研修があります。生命関連企業として必要なコンプライアンスや情報セキュリティに関する研修、誰もが働きやすい環境づくりのためのハラスメント研修など、最新の情報を取り入れたe-ラーニングが展開されます。

コンプライアンス研修

前述のマンダトリトレーニングでもコンプライアンス研修はありますが、これとは別に、医薬品の情報提供にかかわる法規・ガイドラインに照らした当社独自の教材によるe-ラーニングです。プロジェクトメンバーだけでなく、プロジェクトに対する理解を深めることを目的に、本社の内勤者を含め全社員が受講します。

スキルアップ研修

全社員を対象とした自主参加型の集合研修を実施しています。国内主要都市にトレーナーが出張し、対面で実践演習を交えたトレーニングを実施します。テーマは実施年によって異なりますが、社員のキャリア開発につながる「リーダーシップ」や「対人技能」の強化プログラムが、年間15回程度実施されています。今年度の参加者数は188名と、多くの社員が積極的に自身のスキル向上に取り組んでいます。

ナレッジ共有

プロジェクトメンバーとして必要な知識のさらに上位にある情報について、エリアマーケティングの戦略や市場分析の方法、政策の動向など、配属先の戦略を理解し、自信の活動を強化する情報を共有しています。社内ポータルサイトでだれもがいつでも閲覧できるようになっています。

配属前製品研修

プロジェクトメンバーとして必要な事前の研修を行います。職種未経験の方には、それぞれの職種に応じて導入研修が実施されます。また、プロジェクトによって配属先で製品研修を行うこともありますが、配属後のスタートダッシュを加速するために、社内において製品研修を実施します。

キャリアパス

シミック・アッシュフィールドが、事業戦略として掲げている「マルチチャネル化」には、クライアントに対して柔軟性のあるソリューションを提供できるという大きな意味がありますが、もうひとつ大切な意味があります。それは、社員のキャリアパスの可能性が飛躍的に拡大するということです。近年、新たなサービスモデルや、新たな事業領域の拡大に積極的に取り組んでいるシミック・アッシュフィールドには、次々と新たな役割、新たな働き方の選択肢が誕生しています。

016

さらに、たとえ同じ職種の中でも、様々な疾患領域や異なる配属先の環境に触れ、多様な経験を積むことができることは、CSOならではのキャリア形成のあり方です。

015
014

 

キャリア育成

シミック・アッシュフィールドは、社員が「キャリア自律」の姿勢を持ち、自ら成長する社員の育成と、育成をサポートする環境を作っていきます。自らのキャリアを考え、選び、掴み取るための環境や情報、ツールなどが充実しています。

017

 

シミック・アッシュフィールドの人財像

コミットメント
全てにおいて最高品質・最高の結果をもたらすことに強い「コミットメント」を持った人財

自己成長
会社に依存せず、自ら自己成長を遂げ、強い組織作りをリードする人財

変革への挑戦
枠組みにとらわれず、「変革」への挑戦に責任感を持ってし続ける人財

プロアクティブ
先を見越した能動的行動ができ、業界をリードするプロアクティブな提案・行動ができる人財

キャリアに関する社内制度

自己申告制度
自己申告とは、これまでの経験や自身の能力、キャリア形成の意向などを登録し会社側に申告するものです。シミック・アッシュフィールドでは社員が思い描くキャリアの方向性を理解した上で人事や人財育成を行うため、自己申告制度を導入しています。自らのこれまでを振り返り、将来のキャリアビジョンを考える機会としても社員にとって重要なものだと考えています。自己申告で登録された情報は、昇格や異動の検討時に活用されるほか、マネージャーとのキャリア面談を円滑にするツールとして利用されています。

昇格アセスメント
昇進昇格の判断の差異には、昇格アセスメントが実施されます。このプロセスについては社内で公開されており、透明性のある運用がなされています。

社内公募制度
欲と能力のある社員をグループ内から募ることで適材適所の人財配置を推進し、同時に社員にとってチャレンジの機会、自立したキャリア形成機会を提供することを目的として、シミックグループ内の社内公募制が敷かれています。シミックグループは、幅広い事業をグローバルに展開しており、様々な案件情報がグループイントラネットにて常時公開されています。

先輩社員の声

様々なキャリアを持つ先輩社員を紹介しています。