<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1680669651993726&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

CMIC Ashfield ノート

採用担当者による「履歴書・職務経歴書の書き方講座」 Vol.1



  • pixta_67168164_M-2

 

「正式書類(文書)は正確さが大切」篇


みなさんこんにちは。リクルーティング部で採用の仕事をしていますMです。
今回は、みなさまが企業に応募する際、必ず提出する書類「履歴書」「職務経歴書」についてお話します。
私は日々採用業務の中でこれらの書類と向き合っていますが、通常転職というのはめったに体験しないことですのでいざ書類を作ろうと思っても悩むものですよね。

そこで、新しいキャリアを歩もうと決意された方のお役に立てるよう、応募書類の書き方シリーズ第1回目としてお伝えしてみます。


◆履歴書・職務経歴書はともかく重要!
採用選考を進める際、一番最初に、ご応募をいただいた方の情報を見て判断するものがこの書類です。
どんな人なのか、どんな経験があるのか、当社の業務にマッチしているのか…そこに書かれた内容だけが判断材料になります。
とても重要なんです。書類選考をするのですから、非常に重要です。「書類=ご自身」と考えていただいて間違いないくらい重要です。(大事なことなので何度も言います笑)


◆手書き?データ?書類の形式
まず、転職を初めてされる場合、履歴書・職務経歴書はどのように書けばよいのかわからないという方も多いと思います。ひと昔前は履歴書を手で書いて郵送、なんていうのが常識でした。手書きで人柄や熱意が伝わる…などということも言われていました。
最近はコロナ禍で更に加速している採用選考のデジタル化。今は履歴書も職務経歴書もデータでの提出が一般化されています。当社でも、基本的にはデータですべてご提出いただいています。
Word
形式、Excel形式、PDF形式など種類はいろいろですね。


◆正確な書類を作るポイント
まず大前提として、当社では応募時にご提出いただく、「履歴書・職務経歴書は正式な書類と考えています。たぶん他の企業でも同様だと思いますが、正式な書類なんです。ご提出いただいた書類を基に書類選考をするため、大まかではなく、正確に書くことが大切です。

各企業、書類についての細かいルールがあるかもしれません。応募要項や、採用担当者からの連絡事項はしっかり確認しましょう。

 

採用担当が伝授!
履歴書・職務経歴書の4つのポイント

ここで、私が何千通と拝読してきた履歴書・職務経歴書の中でよく目にする「あるある」なミスを防ぐポイントを伝授します。

****************************************
1.西暦・和暦にずれがないか確認しましょう。
2.履歴書と職務経歴書で相違がないか確認しましょう。
3.正式名称を記入しましょう。
4.氏名は正しく書きましょう。
※上記3・4は次回に詳しくお話します。
****************************************

では、ひとつずつ解説してみます。

1.西暦・和暦を合わせましょう。
履歴書は和暦で!って思い込んでいませんか?
ひと昔前、それこそ履歴書には昭和〇年、平成〇年、と和暦で書くものという認識、なんとなくありましたよね。かくいう私も最初はそう思っていました。
そんなこともあって、みなさん履歴書は和暦、職務経歴書は西暦で作成、というパターンにしがちです。しかし、その和暦と西暦で年がズレていることが少なくない…いや結構多いのです…。

すると途端に正確さを欠く書類になってしまうんですよね。ということで、当社では西暦で統一しての記入をお願いしています。このあたりは企業によっても方針が違いますので、提出する会社の採用担当者からのお知らせなどをしっかり確認しましょう。
(和暦を使ってズレがあるより、正確な書類を歓迎する採用担当者の方が多いんじゃないかと思います)


2.履歴書と職務経歴書で相違がないか確認しましょう。
履歴書と職務経歴書は基本的に「セット」です。内容に矛盾はないはず、の書類ですが、よくあるのが2つの書類で年月の記載が違っているケースです。履歴書には20199月入社、職務経歴書には20198月入社、と記載してあるなども日常茶飯事です。どっちが正しいの!?ってなってしまいます。履歴書の書いてある職務経歴の入社・退職の年月と、職務経歴書に書いてある年月が合っているか確認しましょう。
特に職務経歴書は細かく詳細を記載されているため、年月を書くところが必然的に多くなりますよね。大変ですが、全て相違がないか確認してください。

また、書類を拝見していると、時々不思議な時間軸になってしまっている(例えば同じ期間2つの会社に所属している、とか、過去にタイムスリップしてしまっている等…)こともしばしばあります。記憶を紐解いて、正確な年月を記載しましょう。

1
社目と2社目で実は離職期間があるのに、面倒くさいから繋げちゃえ!もダメですよ。それは立派な経歴詐称です。(笑えません)


そんなの当り前ですよ、と思いますよね!?
その当り前ができている方、とてもとても少ないです・・・。年月なんて間違うはずがない、と思わずにしっかりチェックして正確な書類をめざしましょう!


さてさて、非常に長くなってしまいましたので、今回はこの辺で。
次回は、“正式名称を記入しましょう” “氏名は正しく書きましょう”をお送りします。

-----------------------------------

Writer:M
人財本部リクルーティング部で採用業務に従事。
当社に入社するまで採用とは無縁だったのに、気が付いたら7年目……!
趣味は観劇、コロナ禍で大変な飲食業とともにエンタメ業界も応援しています。
ランダム商法でお金いっぱい落として経済回してます……。

-----------------------------------

現在募集中の求人情報はこちら

採用情報一覧

また、正式な応募ではなくキャリア相談やカジュアルな面談も絶賛募集中ですので、お気軽にご連絡ください。
対面面接実施ガイドラインに沿い、対面での面談だけでなく、お電話やZoomによる相談も行っていますので、お気軽に下記ボタンよりお申込ください。

キャリア相談の詳細はこちら
キャリア相談

カジュアル面談(特設ページに移動します。)
カジュアル面談

■転職関連ブログ:
面接対策その1 :事前準備と面接官が見ているポイントとは?
「採用の裏側、お話します。~MR未経験者採用篇~」
MR経験者:単月採用人数過去最高!

■当社の取り組みに関するブログ:
リファラルタスクのご紹介
シミック・アッシュフィールドの人財開発 vol.1「『自学自習』の企業文化を実現する社内研修」
シミック・アッシュフィールドの人財開発 vol.2 「自己成長のヒント~変化に適応するために自分と向き合う」
シミック・アッシュフィールドの人財開発 vol.3 「社内認定資格制度」でオンコロジーMRを養成する意味
「ベテランMR」の独り言 ~部門横断タスクフォースに参画して~

■当社での働き方が分かるコンテンツ:
キャリアアップ・教育研修
https://www.cmic-ashfield.com/recruit/careerup
フォロー体制
https://www.cmic-ashfield.com/recruit/follow
報酬・福利厚生
https://www.cmic-ashfield.com/recruit/welfare