採用情報

Project management and support system

プロジェクトマネジメント・サポート体制

基本的なプロジェクト構造はクライアントとの契約形態により2つのパターンがあります。
MR活動をクライアントの上長からの指示をうけて行うか、CMASのマネージャーの指示をうけて行うか、
という違いがありますが、いずれの場合も基本的なMR活動のあり方に違いはありません。

【サポート体制】

プロジェクト内、本社、それぞれに社員がパフォーマンスを発揮できるようプロジェクト運営・サポート体制を敷いています。

プロジェクトマネージャー:プロジェクトの目標達成とメンバーの育成双方に関するプロジェクト運営の責任者。
クライアントに対するCMASの第1担当者として関係構築、CMASプロジェクトの統括を行う。
エリアマネージャー:メンバーの直属上長としてMRの育成、指導、キャリアマネジメントを直接行う。小規模のプロジェクトではプロジェクトマネージャーが兼任することもある。
チームリーダー(MRプロジェクトのみ):MRとして従事しながら、MR間の連携を支援しプロジェクト運営をサポートする。

本社サポート体制:CMAS社員に発生する様々な状況に対応するため、各分野の担当者を設置し、スピーディな問題解決を図る。また、人間関係や人事事項など様々な疑問や不安を相談できる各種相談窓口を設置し、遠隔マネジメントをサポートできる体制を取っている。

配属中は、定期的にマネージャーが訪問し、就労環境に関するヒアリングやクライアント評価のフィードバックなど、様々な項目について対面にて面談を行うほか、Web会議システムを使った面談も行います。
また、年に1度、プロジェクトメンバーが顔をそろえるプロジェクト会議が開催され、それ以外にWeb会議システムを活用した会議も開催されています。

採用に関するお問い合わせ
0120-145-233

Entry

エントリーはこちらから

シミック・アッシュフィールドは、“国内No.1のマルチチャネルCSO”を標榜し、新しいチャネルのサービス創出を積極的に進めています。

Futur

今後のキャリアのことなど、 お気軽にご相談ください。

転職活動中の方も、将来的なキャリアを検討中の方も、お気軽にご連絡ください。