<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1680669651993726&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

フォロー体制

プロジェクト内、本社、それぞれに社員がパフォーマンスを発揮できるようプロジェクト運営・サポート体制を敷いています。

ワード解説 「プロジェクト」とは:一般に「プロジェクト」というと、特定のミッション達成のために作られた一連の計画のことを指します。CSO業界では業務内容と勤務期間等に関するクライアント(製薬企業・医療機器メーカー等)との契約を単位として「プロジェクト」と呼び、そのチームを指す際にも「○○プロジェクト」と呼んだりします。

人財派遣型プロジェクト

人財派遣型の契約

CSOのビジネスはMRの欠員補充からスタートしたこともあり、現在においても主流なのは派遣型のプロジェクトです。

「派遣」というといわゆる一般派遣のイメージがあるかもしれませんが、当社の場合、正社員(※)として常用雇用契約を結びます。登録型の一般派遣の場合は、配属期間に限って本人と派遣会社との雇用契約があるのに対し、当社ではプロジェクト期間が終了した後も、雇用契約は継続します。

配属後の業務上の指示は、配属先(製薬企業等の部門や営業所など)の上長から受け、指示に従って業務にあたります。

配属期間中、シミック・アッシュフィールドではプロジェクト運営を行い、それぞれの社員がパフォーマンスを発揮できる環境を作るほか、本社各部門でも当社の社員として必要となるサポート体制を敷いています。

人財派遣型プロジェクトでのマネジメント体制・フォロー体制

007

 

派遣型プロジェクトのチーム内の役割

プロジェクトマネージャー(PM)
目標達成と、メンバーの育成双方に責任を負い、プロジェクトの統括を行います。クライアント本社の担当者と活動レポートやプロジェクト評価を共有します。

エリアマネージャー(AM)
メンバーに対して直接育成・指導・キャリアマネジメントを担当します。一定規模をもつプロジェクトで配置され、配置のない場合はPMが兼任することもあります。エリアごとに配置されるため、頻度高くメンバーとのコミュニケーションを行い、モチベーション向上や成果創出のためのコーチング面談を行います。メンバーの配属先に定期的な訪問を行い、支店長・所長とメンバーの活動状況や個々の評価のフィードバックを共有する。プロジェクトによって同行訪問を行うこともあります。


チームリーダー
主にMRプロジェクトで配置。管理職ではなく、メンバーとしての業務を行いながらメンバー間の連携を高める活動を通じてプロジェクト運営をサポートする役割を担います。

委受託型プロジェクト(フルアウトソース)

フルアウトソース型の契約

フルアウトソースとは、特定のエリアや製品そのものなど、業務の一部やそのすべてを業務委受託契約として一括して引き受けるという形態です。シミック・アッシュフィールドではフルアウトソース型のプロジェクトの拡大に注力しています。
配属後の業務上の指示は、シミック・アッシュフィールドの上長から受けることとなり、安全性情報の管理も社内の専門部署が担当します。研修なども当社の研修部が行うなど、プロジェクトの目的達成のためのほとんどを当社の中で実施します。

フルアウトソース型プロジェクトのチーム内の役割

006

 

フルアウトソース型プロジェクトのチーム内の役割

プロジェクトマネージャー(PM)
クライアント本社の方針を受けてプロジェクトでの活動戦略(営業戦略等)の立案を行います。メンバーの活動や実績を含めた進捗管理を行い、成果についてクライアント本社へ報告を行います。

エリアマネージャー(AM)
一定規模をもつプロジェクトで配置され、配置のない場合はPMが兼任することもあります。PMからの戦略をうけ、エリアごとの活動を設計し、メンバーに対する指示を出します。OJTによる育成や、モチベーション向上、キャリアマネジメントを担当します。


チームリーダー
主にMRプロジェクトで配置。管理職ではなく、メンバーとしての業務を行いながらメンバー間の連携を高める活動を通じてプロジェクト運営をサポートする役割を担います。

本社との関わり

フルアウトソース型の契約

前述の2つの契約形態にかかわらず、プロジェクトメンバーがシミック・アッシュフィールド本社とは離れた場所での就労する「遠隔マネジメント」体制が基本となります。しかし、本社との関わりは様々な形で存在しています。

008

前述の2つの契約形態にかかわらず、プロジェクトメンバーがシミック・アッシュフィールド本社とは離れた場所での就労する「遠隔マネジメント」体制が基本となります。しかし、本社との関わりは様々な形で存在しています。

プロジェクトミーティング

年に1回程度、プロジェクトメンバーが顔をそろえるプロジェクトミーティングが開催されます。プロジェクトによって定期的にオンライン会議でのプロジェクトミーティングも行われており、このシステムを用いてマネージャーとのオンライン面談を実施することもあります。

プロジェクトサポート

業務上発生するシミック・アッシュフィールド内での手続き(立替経費精算・時間外勤務申請等)の専門チームが設置されています。各プロジェクトの特性を熟知したスタッフが対応します。

トレーニング

製品研修について、当社の人財開発部門が担当することもあります。その場合は実践的な知識とスキル獲得のための「配属前研修」が実施されます。また、人財開発部門はプロジェクト横断のトレーニングプログラムや社内認定資格制度の運営などを行っています。
(研修体制についてはこちらのページも併せてご覧ください)

相談窓口

当社の社員として従事する上で発生する様々状況に対応する各分野の担当者がいます。また、疑問や不安について相談できる各種相談窓口を開設しています。

社内
ポータルサイト

本社で共有されている情報は社内ポータルサイトにも掲載されており、業績概況や施策の進捗等についていつでも確認することができます。プロジェクトの多くで専用サイトが運用されており、情報共有に活用されています。

社内SNS

本社からのお知らせが配信されるほかナレッジ共有の配信が行われています。また、プロジェクトチームや同期の仲間など、グループを作って情報交流が行われています。