<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1680669651993726&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

未経験から始めるMR

未経験からMRへ_シミック・アッシュフィールド

営業経験を活かして医療業界に活かせる職種

未経験からMRへ

充実の研修と配属後のマネジメントで、MR未経験でも医療の発展に貢献できます。

新しい業界にチャレンジできるチャンスです。

1. MRについて知る

MRとは

MRとは、『Medical Representative』の頭文字をとったもので、「医療情報担当者」と訳されます。その役割は薬事法でも認められているとおり、”医薬品の適正な使用に資するために、医療関係者を訪問すること等により安全管理情報を収集し、提供すること”にあります。
医薬品が本来の有効性を発揮するには、正しく使用されなければなりません。MRは適正使用を推進するために、医師をはじめとする医療従事者に対し常に最新で適切な情報を提供し、また同時に医療従事者から情報を収集し、より正しい医薬品の使用につながる情報を伝達するという大きな役割を担っています。

MRの役割と使命

医薬品は発売しておしまいではなく、絶えず研究され改善されるものであり、MRは情報の提供・収集・伝達を通じて「育薬」にも寄与し、医療の発展に貢献しています。大きな使命を担うMRは、その責任の分だけ大きなやりがいを持つ職業であると私たちは考えています。
そしてシミック・アッシュフィールドもまた、サービス提供を通じて、医療の発展に寄与し患者さんの健やかな一生のために貢献することをビジョンとして掲げています。

mr01
<MR相関図>
製薬企業が開発した優れた医薬品が適正に使用され、より効果的でより安全な治療や健康維持に貢献するためにMRは重要な役割をになっています。

■医薬品の適正使用と普及
■使用された医薬品の有効性情報・安全性情報の収集
■医療現場から得られた情報の伝達(フィードバック)

MRになるには

MRになるためには、国家資格は必須ではないものの、多くの医療機関ではMR認定資格を持っていることが訪問の条件になっています。MR認定資格は、製薬会社かCSO企業で導入教育を受講し、修了認定試験に合格する必要があります。現在、製薬企業に中途入社で未経験のMRを募集することは非常に少ないため、異業種からMRになるにはCSO企業に転職することが多くなっています。

仕事のやりがい・メリット

・医療に貢献する充実感と高い社会貢献性
・医療は日進月歩なので、常に成長し続けられる
・資格を活かせる
・他業種の営業に比べ年収が高い
・売る、ではなく「患者さんに役立てていただく」が活動指針
・一日の働き方を自分でマネジメントできる
・主に平日の業務のため、週末を自分の時間に使える

どんな人が向いている?

mr温和で人と話すことが好きなコミュニケーションスキルのある方が向いています。MRが業務で接するのは、主に医師や薬剤師、看護師であり、現場は医療機関です。そのため、しっかりとした話し方、ビジネスマナー、清潔感のある外見も重要になります。正直で素直、明るい性格で、周囲に気配りができる方は適任と言えます。もちろん目標を立てて行動するため、目標達成意識(コミットメント)を持って就業していただくことが必要になります。

これまでシミック・アッシュフィールドに未経験MRとして入社した社員の前職は、自動車ディーラーや金融法人営業、不動産営業、MS(医薬品卸)、人材派遣営業など多岐に渡ります。業種は様々ですが、営業職に共通したスキルを身に着けていれば、今まで培ってきた経験を十分に活かしていただけます。

MRの一日

08:00-10:00

自宅から営業車で出発。数件の特約店(医薬品卸)を訪問し、担当する病院等の施設に関する情報提供・情報収集を行なう。MSさん(卸の営業担当者)との関係はとても大切だ。

10:00-11:00

配属先の営業所に出社。売り上げ計画の進捗確認、施設訪問のプランニング、課題やニーズのリサーチ、資料準備などの内勤業務を行う。定期的にチームミーティングも行われる。

11:00-14:00

午前の医療施設訪問は午前の診療が終わりとなる時間帯。多忙な医師との面談は場合によっては5分程度しかないことも。事前準備と継続的訪問が重要になる。事前にアポイントが必要なケースも多い。

14:00-15:00

いつも少し遅めの昼食。忙しいときは営業車内で弁当、ということもあるが楽しみな時間だ。何を食べたかが訪問時の話題になることも。午後の予定を確認し、必要に応じて計画を変更。

15:00-19:00

午後の訪問先へ。医師や薬剤師に担当製品の適正使用推進のための情報を提供・安全性に関する情報の収集を行う。医師からすぐに答えられない質問をいただいたので配属先製薬企業の学術部門に問い合わせを行った。

19:00-20:00

訪問活動終了、営業車で自宅へ。デスクワークや会議等があるときは営業所に戻ることもあるが、直帰することのほうが多い。PCで一日の活動報告書をまとめて配属先の上長に提出。