<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=197450698278299&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

MSL(メディカルサイエンスリエゾン)

近年、医薬品業界をはじめとする医療業界、ヘルスケア業界においてMSL(メディカルサイエンスリエゾン)のニーズが高まっています。MSLとはどんな職種なのか、やりがいやスキルアップ、キャリアはどう描くことができるのかを紹介いたします。

1. MSLとは

MSLとは

MSL( Medical Science Liaison(メディカルサイエンスリエゾン))とは、製薬企業などにおいて、販売促進を目的とせずに、社内外において医学・科学的見地からSTL*(社外医科学専門家:Science Thought Leader: )との情報交換を通じて、医療現場のインサイトを入手し、新しい治療法や最適な治療を普及させる役割を担う職種です。医師や医学研究者を訪問し、学会活動を行い、医学・科学情報の伝達・入手を行います。疾患分野に対する高度な専門性と学術知識に加え、STLから情報収集をするための高いコミュニケーションスキルが必要になります。

MSLの多くはメディカルアフェアーズ(MA)関連部門に所属しますが、製薬企業によって学術部や開発関連部署に所属する場合があります。

*SLT(社外医科学専門家:Science Thought Leader)は、KOL(Key Opinion Leader)という呼び方を使うこともありますが、当社ではマーケティング用語と区別するためにSTLを使用しています。

メディカルアフェアーズ(部門)とは

製薬企業をはじめとするライフサイエンス・ヘルスケア関連企業において、医学的又は科学的な知識をベースに医師などの医療従事者に必要な情報を作成、提供し、自社製品の医療価値を至適化する部署です。疾患分野に対する高度な専門性と学術知識をもつ者(MSL)がこの業務を担当します。

MSLのニーズが高まっている背景

MSLは欧米諸国で50年以上前から活躍している職種ですが、日本では2000年ごろから外資系製薬企業を中心にメディカルアフェアーズの機能を持った組織が発足し始め、MSLが活動するようになりました。MSLのニーズが高まった一つのきっかけは、2011年の臨床研究不正問題です。この問題を機に製薬企業は、販売活動ではなく、ペイシェントセントリック(患者さん中心の医療)を実現するための活動を重視し、より高度な情報提供を行う体制を整えるようになりました。そのため、外資・内資共にMSLの確保が急務になり、ここ数年でMSLの数は急激なと増加傾向が続いています。

01Point
・欧米諸国でMSLのはじまり1960年代
・日本では2000年ころから外資系企業で導入
・臨床研究不正問題によりMA及びMSLのニーズが急増
・2011年からの数年間で製薬企業におけるMSLは急激に増加

MSLの業務

  • 主なMSLの業務は、
    ・疾患領域の最新情報の提供・収集
    ・最新医学情報の収集と社内関連部署への提供
    ・STLとの面談
    ・学会でのイベント企画・実施、講演会の企画・実施、
    ・学会聴講報告会、社外講師勉強会の実施
    ・メディカル戦略の策定
    ・グローバル関連部署との折衝やコミュニケーション
    などが挙げられます。

MSLの一日

10:00

学術業務
STLとのディスカッションに備えた資料を作成

12:00

昼食

13:00

打合せ
所属部門だけではなく社内の他部門や、社外の関係者との打ち合わせ

16:00

打合せ
所属部門だけではなく社内の他部門や、社外の関係者との打ち合わせ

19:00

直帰

STLとのコミュニケーションに重点を置いた活動を行う場合は出張なども多くなりますが、エビデンス創出に重点を置いた活動を行う場合は内勤が多くなります。このようにMSLの活動内容のバランスは、配属先の製薬企業、担当する医薬品の疾患領域や製品特性によって大きく異なります。