<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=197450698278299&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

ナースエデュケーター

1. ナースエデュケーターのお仕事チェック

ナースエデュケーターとは

シミック・アッシュフィールドには看護師の経験を活かしながら、臨床現場とは違った形で医療に貢献できる仕事があります。その一つが、「ナースエデュケーター」です。

看護師として
働く中で
こんなことを
感じていませんか?

  • 臨床も好きだけれど、看護師経験を活かした新しいキャリアを積んでみたい。
  • もっと広く医療に貢献したい。
  • やはり夜勤は大変。ワークライフバランスも気になる。
  • ずっとナースをしてきたから、異業種への転職は難しそう。
  • 看護師の資格はこれからもずっと活かしたい。

ナースエデュケーターとそのミッション

ナースエデュケーターとは、医療機関(主に大学病院・基幹病院)へ赴き、医療従事者(病棟看護師)へ疾患啓発、投薬・服薬の指導や副作用マネジメントなど、患者さんに対するケアを中心とした教育を行う新しい職種です。そのミッションは、医薬品・医療機器など製品の適正使用を推進する教育を通じて、医療機関従事者の皆様との信頼関係を深めるとともに、より良いケアを実現し、治療に対する患者さんの満足度向上を目指すことにあります。

ナースエデュケーターのミッション

アドヒアランスの向上

チーム医療の推進

患者さんのQOL向上

img_01

製薬企業とCSO企業のナースエデュケーターの違い

ナースエデュケーターとして働くには、製薬企業で働くか、当社のようなCSO企業で働く2つのパターンがあります。

しかしながら、国内においては新しい職種であるため製薬企業に所属するケースは限られます。現在はCSO企業から製薬企業に派遣されたナースエデュケーターが中心に活躍しています。製薬業界においては、CRAやMRなどでアウトソース人財の活用が浸透しており、自社の社員と業務の差はなく働ける風土があります。

製薬企業に所属する場合は一つの領域の製品を担当していくことが多いため、ナースエデュケーターとしてキャリアの幅を拡げることは難しいのが現状ですが、CSOで勤務する場合、契約ごとに担当する顧客や製品が異なるため、さまざまな疾患領域を経験することで製薬企業所属のナースエデュケーターよりも幅広いキャリア形成を狙うことが可能です。

また、一般的な事務派遣等と異なり、シミック・アッシュフィールドのマネージャーが顧客との密接な関係にあり、配属先の上長(営業所長等)からのフィードバックや業務上の相談など、ナースエデュケーターをサポートする体制が整っています。

CSO企業とは、Contract Sales Organizationの頭文字をとったもので、「医薬品営業支援事業」と訳されます。MR人財の派遣事業から始まったCSOの業態ですが、その活用が浸透するにしたがってライフサイエンス・ヘルスケア業界でのマーケティング・情報提供活動にかかわる様々なソリューションの提供を行うようになっています。現在、当社にはMRだけでなくMSLや看護師、医療機器営業担当者も在籍しています。

実際の仕事

03多くの場合、製薬企業の営業部門への配属となりますが、処方獲得といった営業的な項目がノルマになることはありません。適正使用のための情報提供活動を通じた顧客との関係構築など、どちらかというとマーケティングの側面を持ちます。担当する製品によって、活動内容は異なりますが、医薬品の管理手順など医薬品の適正使用を推進するために院内で定期的な説明会などを開催します。活動はクライアントの営業所を拠点とし、説明会開催のための施設とのアポイント調整、資料作成等の業務、当日のプレゼンテーションも担当します。また、医療施設の担当MRとは情報共有を行い、時にはMRと同行して施設訪問を行うこともあります。

仕事内容(一例)

院内説明会

製品の使い方や服薬指導方法などをわかりやすく説明します。

問題解決策の提案

医療施設によって異なる管理方法や指導方法をふまえ、現場の声を聞いて問題と課題を洗い出し、解決策を提案します。

副作用マネジメントの促進

副作用の正しい知識を伝え、患者さんのQOLを高めるための活動です。

学会発表

看護師や医師を招集した学会発表でプレゼンテーションを行うこともあります。

MR教育

看護師や医療従事者の目線や患者の視点を伝える研修を実施します。

デバイス関連の手技教育

複雑な手技が必要な医療機器など、正しい使い方や、患者さんへの伝え方などを伝えます。