<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=197450698278299&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

リモートMR

Remote MR

経験を活かし
オンラインでの情報提供を行う
MRキャリアの新しい選択肢

Remote MR

1. リモートMRのお仕事チェック

リモートMRとは

img_01MRキャリアの新しい選択肢
リモートMRは、テレビ会議システムや電話を活用し、医師に情報提供活動を行うMRの新しい形態です。離れた場所にいる医師に対する情報提供を行うのでリモートディテーリングと呼ばれます。
画面上で資料を共有しながら説明を行い、医師からの質問に答えるなど、情報提供活動の在り方自体は一般的なMRと変わりません。
MRだけではカバーできないエリアの医師とのコミュニケーションを担ったり、領域や製品の専任MRとして専門性の高い情報提供を行うなど、これまでの経験を新たな形で発揮いただけるMRキャリアの選択肢といえます。

業界で高まるニーズ

IT技術の急速な普及により、製薬企業には情報提供チャネルの多様化が求められています。 リモート・ディテールは、移動時間も待機時間も不要で、医師に強いインパクトを与えることができるため、有効なチャネルと考えられています。医師にとっても、インターネットに接続できる環境さえあれば、都合の良い時間・場所・端末でディテールを受けることが出来ます。気軽に質問して、丁寧な回答が得られることもあって医師からの評価も高く、製薬業界におけるリモートディテールに対するニーズが高まっています。

r_mr

外資系企業が先行して導入してきたリモートディテールは、現在国内企業にも広がりを見せています。さらに、当社のようなCSO企業などへの外部委託も拡大しています。
多様化するニーズに対応するため、シミック・アッシュフィールドでは2016年、本社にコンタクトセンタールームを設置し、リモートディテーリングサービスの提供を開始しました。

 

リモートMR 3つの特徴

じっくりディテール

当社の稼動実績では、リモートMRのディテール時間は平均20~30分です。フィールドMRのディテールと比較して長い時間を確保できるのがリモート・ディテールの最大のメリットです。そのため、質的・量的に充実した情報提供が可能です。

勤務時間はきっちり

リモート・ディテールにはプロジェクト毎に稼働時間が設定されているため、医師の予約時間が事前に把握できます。そのため、残業は限定的です。フィールドMRの場合たまに発生する土日の勤務もありません。また、様々な働き方を推奨するシミック・アッシュフィールドでは、リモー トMRの在宅勤務も今後導入予定です。※一定のトレーニングが必要になります。

KPIはクオリティ

リモートMRのKPIは、リモート・ディテールの実施時間、参加した医師の質問の数、満足度など、クオリティに関する項目が主です。

リモートMRの一日

7:00

起床。朝が苦手で、慌ただしいのが日常だったが、朝食をゆっくり食べるようになった。

9:30

出社前に市役所で手続き。ちょっとした用事を済ませられるのは良い。もう少し早起きし
て朝ジムに行くのもいいかもしれない!

11:00

出社。今日の予約確認をする。
資料の準備はOK!ランチタイムは予約状況によって違うけれど、ほっとするひと時。

12:30

1回目のディテール
事前に関心事項なども把握できていたので、とてもスムーズに話せた。

13:00

ディテールの報告書を作成し、Drを担当しているMRさんに送信。
この情報が役に立ちますように!

15:00

MRと打ち合わせ・リマインドメール配信。
次のディテールまでの間に担当MRさんと来週のデテールの打ち合わせをしたり、明日予約のDrにリマインドメールを配信。そのほか、コールストーリー※の作成等、空いた時間もディテールの準備を行います。

15:30

本日2回目のディテール
終わり際に画面の向こうのDrから「ありがとうございました」の言葉が!うれしい瞬間。

16:00

報告書を作成して担当MRさんに送信
現場MRの経験をフルに生かして、ポイントをついた情報の共有を心がけたいと思う。

18:00

今日最後のディテール
画面の向こうのDrはかなりお疲れの様子だったので、話すトーンとスピードに気を付けた。

19:30

報告書を送信し、明日のスケジュール確認
常務終了!お疲れさまでした!

リモートMR度チェック

ここまでお読みいただいた通り、リモートMRは通常のMRと業務内容は変わりません。コミュニケーションをとる方法と働き方の違いがあるだけですが、自分に向いているかわからない、と思うこともあるかもしれません。そんなときはぜひリモートMR度チェックを試してみてください。


□ やっぱりMRの仕事がすき!
□ 新しいことにチャレンジする時、燃える方だ!
□ 人から感謝される仕事をしたい
□ 自分や家族のために使いたい時間がある
□ 製品や疾患の学習が好き
□ コミュニケーションのキャッチボールが楽しい
□ 毎日決まった時間に働きたい
□ 一方的なマシンガントークは、するのもされるのも苦手
□ 初対面の人にも物おじしない
□ 医療に貢献している実感を味わいたい

1~3個

リモートMRもその本質はフィールドMRと同じです。トレーニングや研修を通じて、リモートMRのプロフェッショナルを目指しませんか?

4~6個

リモート・ディテールに寄せられる製薬企業からのニーズは多岐に渡っています。一緒に働き甲斐のあるソリューションを創出していきましょう!

7~8個

リモートMRの素質が十分にあります。キャリア相談で詳しく話を聞いてみませんか。

9〜10個

リモートMR資質の塊、といっても過言ではないかもしれません!リモートMRとして新しい知識と経験を身につけるチャンスです。