サービス

リモートディテーリング

時間と場所の自由度を活かした
ディテーリング戦略の選択肢

CSOビジネスで培ったコミュニケーションのノウハウを活用し、効果的な情報伝達を通じて医療従事者と製薬企業のエンゲージメントを高めるリモートチャネルソリューションです。シミック・アッシュフィールドのリモートディテーリングは、場所や時間の自由度が高いリモートチャネルの利点と、医薬品に関する専門性を持つCSO企業にアウトソースするメリットを活かし、様々な戦略に沿った活用が可能です。

リモートディテーリングの活用シーン

強化

MR活動を総合的にサポート

  • ディテール時間の確保策
  • 訪問規制施設、遠隔地対応

集中

MR活動を重点医師に集中

  • MR活動は重点医師に集中
  • MR未訪問医師をリモートディテールでカバー

維持

ノン・プロモーション製品の売上維持

  • 高売上施設に対する情報提供
  • 一定量のSOVの維持

 開拓

スペシャリティ製品の患者発掘

  • MR活動は専門医に集中
  • 非専門医にリモートディテールで疾患啓発を行い患者発掘

リモートディテーリングの効果

リモートディテールの最大のメリットは、1回あたりの情報提供の時間です。通常は20~30分確保でき、これは対面ディテールを行うMRの約6倍です。また、移動時間がなく、待ち時間が少ないため、コミュニケーターは時間を効率的に活用することができます。

効果を生み出す専門研修

リモートディテールにはフィールドでのディテールと異なるスキルが求められます。シミック・アッシュフィールドではMC(メディカルコミュニケーター)による効果的なウェブディテールの実施のため、疾病や製品に関する研修だけでなくリモートコミュニケーション専用の研修を実施しています。

【MC(メディカルコミュニケーター)基礎研修カリキュラム例】

【その他の研修】
基礎研修に加え、クライアント様との協議により様々な研修を実施します。

  • 専任のトレーナーによるOJT
  • MC継続研修
  • 学会・研究会の聴講

 

ご利用の流れ

既存チームと連携するENGAGEの運用体制

指定されたターゲット施設に対して、メディカル・コミュニケーター(MC)チームがリモートディテールを行います。活動内容は随時CRMを通じて共有されます。
データから得られた医療関係者の情報をもとに、フィールドMRが自身の活動計画の参考にするなど、データベースの一元管理によってリモートディテールとMR活動を連携することが可能です。

<サービスに関するお問合せはこちらから>
シミック・アッシュフィールド ニューチャネル事業部門
電話番号:03-6779-8141 (担当:小牧・佐藤)   メール:info-cmicashfield@cmic.co.jp